私たちの技術

携帯式渦流探傷装置[HIMEX-V2]

携帯式渦流探傷装置[HIMEX-V2]

橋梁や母材に生じる疲労亀裂等の探傷検査を、塗膜や錆の除去をせず行える渦流方式の探傷装置で、下処理の状態に左右されない安定した検査データが得られます。また、小型軽量で携帯性に優れており、高所や狭い場所等厳しい条件で機動性を発揮し、作業時間およびコストの抑制に効果的です。

製品カタログPDF[1,074kb]

フェイズドアレイ超音波探傷検査

フェイズドアレイ超音波探傷検査

鋼床版桁のデッキとUリブの溶接部に生じる疲労亀裂において、表面亀裂から内部亀裂さらに、デッキ貫通亀裂の探傷に当社ではフェイズドアレイ超音波探傷法を活用しています。塗膜や錆の除去など下処理不要で、携帯型装置は高所や狭所などで高い作業性を発揮します。また、検査結果はデータベース化する事ができます。

製品カタログPDF[1,265kb]

レーザー式自動厚さ測定システム[LAT-46]

レーザー式自動厚さ測定システム[LAT-46]

腐食で減少した熱交換器用チューブの肉厚を正確に測定・把握する事は、化学プラントの保全において設備の経年変化や危険性を知る重要な手がかりになります。このシステムでは、技術者でも難しいとされる安定した測定を、レーザーセンサーで自動化することで簡単かつ高精度に行い、時間・コストの節約を可能にします。

製品カタログPDF[1,232kb]

内水・外水および津波氾濫模型装置

内水・外水および津波氾濫模型装置

突発的な大雨による都市部の浸水や川の氾濫、また地震による津波被害など、自然災害対策への関心が近年高まっています。本装置は、リアルなジオラマで大雨による水害を再現し、発生のメカニズムを視覚的に解りやすく伝えることができ、災害対策の一つとして重要な地域住民の方々の防災意識の向上を促す事ができます。

製品カタログPDF[1,310kb]

アンカーボルト診断システム

アンカーボルト診断システム

道路照明灯、遮音壁、標識などの鋼製構造物を、コンクリートの基礎に固定しているアンカーボルトが、経年劣化により腐食し断面が損耗(減肉)することで、構造物の安全性に問題が発生します。「アンカーボルト診断システム」は構造物およびベースプレートを取り外さずに、アンカーボルトの固有振動数を打撃音で測定、評価する事が可能なシステムです。

長大橋架設精度管理システム

長大橋架設精度管理システム

近年、ますます長大化の一途をたどる吊り橋や斜張橋などの架設において、施工誤差を高精度に管理することは非常に重要です。そこで私たちは、架設時の精度管理を正確かつ迅速に行う事ができる「長大橋架設精度管理システム」の導入をご提案しています。 このシステムでは計測をすべて自動化しており、多くの長大橋の精度管理にて大きな実績をあげています。

熱交換器管端耐力溶接部超音波探傷検査

熱交換器管端耐力溶接部超音波探傷検査

高温・高圧熱交換器で経年劣化により発生する、チューブシート管端耐力溶接部のルート部を起点とした割れを、超音波探傷法により1mmの傷から検出・評価します。従来の溶接部の表面検査(PT等)に比べて初期段階の傷を検出できるため、いずれ漏洩に至る損傷を早期に発見する事ができます。

空中超音波

空中超音波

コンクリートや地盤などに埋設されている鋼材の地際部は、経年的に雨水の滞留による腐食が生じやすいことが知られています。これらの箇所を非破壊的な方法で健全性を確認するために、これまでは渦流探傷検査や超音波探傷検査などが行われてきましたが、鋼材埋設部分の一部除去や接触媒質を塗布する必要がありました。この装置は非接触の超音波を利用することで、検査の前後処理を一切必要とせず、効率的に探傷検査を行うことができます。